サポート・サービス


7. 訓練

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン・トレーニングセンター


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン・トレーニングセンターは2012年、エアバス・ヘリコプターズの認定を取得し、世界で22番目のトレーニングセンターとして神戸空港事業所内に設立されました。

運航の安全性を確保し、ヘリコプターの性能を最大限に活用するため、操縦士・整備士の訓練を行っています。


ヘリコプターメーカーによる訓練のメリット


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン・トレーニングセンターは、エアバス・ヘリコプターズ社製のヘリコプターを運航する日本の操縦士・整備士の皆様に、ヘリコプターメーカーならではの経験と最新の技術を活かした、世界標準の訓練を提供いたします。

エアバス・ヘリコプターズは、世界中で幅広く活躍する民間および軍の多様なミッションに対応する訓練プログラムを長年にわたり開発してきました。その実績の中で培った高度な訓練ノウハウをもとに、日本の制度や運航事情に合わせてアレンジしたプログラムをご用意しています。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン・トレーニングセンターでは、エアバス・ヘリコプターズの認定を受けた教官が最新鋭の教育教材を使用して、日本語による学科及び実技訓練を、お客様のご要望に合わせて、神戸空港、お客様のベース、海外のエアバス・ヘリコプターズ・グループ拠点にてご提供しています。


日本初のヘリコプター フル・フライト・シミュレーター
 

2014年7月より、EC135P2+のフル・フライト・シミュレーターでの訓練を提供しています。実機では実施不可能な非常操作、悪天候条件下の運航、整備士の地上試運転、その他任務飛行訓練が可能です。フル・フライト・シミュレーターによる効率的で低コストの訓練をご提供します。

 

 


日本人教官による日本語での学科・実技訓練


エアバス・ヘリコプターズの認定を受けた日本人教官が、神戸空港またはお客様の基地にて訓練をご提供します。


豊富な訓練コース


操縦士・整備士それぞれに、航空局による実地試験の受験、ガイドライン訓練、学科訓練、実技訓練等の様々なコースをご用意しており、お客様のご要望に合わせたオーダーメイド訓練も、ご相談に応じます。また、海外のエアバス・ヘリコプターズ・トレーニングセンターでの最新設備を使った訓練も提供します。


エアバス・ヘリコプターズの安全対策


特に運航上の原因による事故が全体の85%に及んでいますが、これらの事故を減少させるために、最も効果的な対策は、運航に直接関わる操縦士と整備士に対する訓練を実施することと考え、世界各地に訓練施設を作り、訓練を受けやすい環境を世界規模で提供することを目標としています。

世界各地にある操縦士、整備士のトレーニングセンター、各機種のフル・フライト・シミュレーターをエアバス・ヘリコプターズ・グループ各社が相互利用を行うことによって幅広い訓練をご提供いたします。

海外訓練ページへ


エアバス・ヘリコプターズの安全に対する取り組み


エアバス・ヘリコプターズは、the European Helicopter Safety Team (EHEST) のメンバーとして、2006年から2016年の10年間で世界のヘリコプター事故件数を80%削減することを目標に、技術、整備、運航面での安全に取り組んでいます。

 

安全に関するリーフレット(日本語版)は、AHeSTホームページよりダウンロードできます。

the Asia Pacific Helicopter Safety Team (AHeST)


トレーニングセンター スタッフ


私たちがお客様の訓練をサポートします。


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン・トレーニングセンターでの訓練が、快適で実り多きものとなりますよう、スタッフ一同、心より祈念しております。