ニュース


エアバス・ヘリコプターズ、国内での販売代理店契約締結から60周年

2020/07/13


エアバス・ヘリコプターズは今年、日本国内での販売代理店契約締結から60周年を迎えました。1960年、エアバス・ヘリコプターズの前身である仏シュドアビエーション社が野崎産業と同契約を締結し、翌1961年に「アルウェットⅡ」を国内で初めて納入しました。現在370機を超えるエアバス製のヘリコプターが多種多様なミッションで活躍しています。

エアバス・ジャパン代表取締役社長兼エアバス日本代表のステファン・ジヌーは次のように述べました。「お客様そしてビジネスパートナーの皆様のお力添えとともに、60周年をむかえることができ、心より感謝申し上げます。国内での販売代理店との契約締結に始まった私たちのビジネスはその後、整備そして訓練施設の開設まで長年にわたって成長し、今日ヘリコプターの運用にかかわる包括的ソリューションを提供できるようになりました。いつも皆様の温かいご支援を賜り、誠にありがとうございます」

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのギヨム・ルプランス最高執行責任者兼社長は次のように述べました。「私たちの製品とサービスに信頼を寄せてくだったお客様とパートナーの皆様に、厚くお礼申し上げます。これからも、国内の官公庁や運航事業会社をはじめとするお客様、重工業等の航空産業界との強い協力関係を深め、お客様のミッション成功と安全なヘリコプター運用のために、最善のサポートを提供し続けます」

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは、東京および神戸空港事業所におよそ330人の従業員を擁します。主要なマーケットにおいて、優れたヘリコプター製品と最適なサポートを提供しています。ヘリコプターの機体および部品の販売、整備、修理、改造、技術支援、技術文書、さらには訓練に至るまで、的確なソリューションを提案します。2020年1月にエアバス・ヘリコプターズは神戸空港事業所の格納庫の増築を完了、整備施設は60%増加し、最大40機の中型ヘリコプターが格納可能となりました。年間の機体整備数は、およそ80機へ増強されます。

エアバス製のヘリコプターは国内の民間および官公庁市場において現在53%を占め、市場を牽引しています。国内において100のオペレーターへサポート・サービスを提供し、2019年は10機の新規機体を納入、新規受注率で40%を獲得しました。エアバス・ヘリコプターズの神戸空港事業所はアジア地域のエンジニアリング拠点としての役目をはたし、国内外のお客様のブレード修理やEC135P2+フル・フライト・シミュレーターでの訓練提供等、お客様の運航を支えています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129