ニュース


エアバス・ヘリコプターズ、H160のEASA認証を取得

2020/07/02


エアバス・ヘリコプターズは、多用途双発機のH160の型式証明を欧州航空安全庁(European Aviation Safety Agency、略称:EASA)より取得し、開発プロジェクトは新たな一歩を踏み出しました。初号機の納入は2020年内に米国の顧客へ予定しており、米連邦航空局(FAA)からの認証を今後取得予定です。

EASAのレイチェル・デーシュラー認証ディレクターは次のように述べました。「H160の型式証明の取得は、EASAとエアバス・ヘリコプターズの技術チームの豊かな協力精神とともに達成しました。これは、数年にわたる多大な努力と最高の安全基準を確実に達成するための徹底的な設計とテストを重ねた結果です。H160のデザインは、幅広い用途のミッションに適しています。また、燃料消費において最も環境に優しく、同クラスで最も静かなヘリコプターのひとつです。この型式認証プロジェクト特有の課題を克服するために建設的な協力、そして強い責任感を持って継続的に尽力した技術スタッフに私の個人的な感謝と祝辞を伝えたいと思います」

エアバス・ヘリコプターズのブリュノ・エヴァン最高経営責任者(CEO)は次のように述べました。「H160がEASAの型式証明を取得しことを大変誇りに思います。今回の成果は長年にわたる設計、製品化、そしてサプライヤーやパートナーとのサポートエコシステムの構築など長年の努力を表しています。この次世代ヘリコプターを市場に送り出すために時間とエネルギーを費やしてくれたすべての人に感謝いたします。H160の運用を開始し、快適な飛行性能と安全、そして革新的な機能を世界中のお客様に提供することを待ち望んでいます」

エアバス・ヘリコプターズは、3つのH160プロトタイプ機、最初の量産型機、および2つの追加のテスト用ダイナミック・ヘリコプター・ゼロとシステム・ヘリコプター・ゼロを通して開発と認証準備を行い、初号機就航に向けて航空機の精度を成熟させます。同機はこれまで、飛行試験とデモ飛行をあわせて1500時間以上飛行し、H160がミッションにもたらす革新と付加価値をオペレーターへ実際に証明してきました。

H160は、次世代の中型双発機としてエアバス・ヘリコプターズの、最新のイノベーション技術を投入し、洋上での人員輸送、救急医療、ビジネスおよびVIP輸送、そして公共サービスなど様々なミッションへ対応します。最新のアビオニクス「ヘリオニクス」を装備し、パイロットの操作をサポートし、自動化機能を備えた革新的な安全機能と、フライトエンベロープ保護が含まれます。また、H160は、低騒音のBlue Edgeブレードと視界の広いキャビン設計により、乗客とパイロットにより快適な飛行を提供します。

またH160は、乗客とパイロットのみならず、オペレーターによる機体運用にむけて設計されています。燃料効率の向上と簡素化されたメンテナンス・エコシステムに基づき、ヘリコプターの最適化された設計により搭載機器への作業が容易になります。H160の整備作業はエアバス・ヘリコプターズのオペレーター・ゼロキャンペーンによって徹底的に検証され、同機は新たな3D技術文書ツールを備えています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129