ニュース


海上保安庁、H225を2機追加発注

2020/04/06


エアバス・ヘリコプターズは、国内最大のスーパーピューマ・オペレーターである海上保安庁とH225を2機追加受注契約を締結しました。今回の追加発注を含め、13機のH225と2機のAS332、合計15機のスーパーピューマ・ファミリーが海上保安庁によって運用されます。同機は治安維持、領海警備、海難救助、災害対応などの多様な任務での活躍が期待されます。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのギヨム・ルプランス最高執行責任者兼社長は次のように述べました。「海上保安庁の多様な任務において、スーパーピューマ・ファミリーが信頼されていることを感謝いたします。H225は捜索救難救助、領海警備の任務において高く評価され、引き続き国内で活躍することを大変嬉しく思います。エアバス・ヘリコプターズは最近、海上保安庁へH225を3機予定どおり納入しました。現在運航中の機体の高い稼働率の確保を目指すとともに、今後予定されている納入機に関しても、万全な体制でサポートいたします」

海上保安庁のH225はHCare Smart Full By-the-Hour (FBH)サービスにより支援されているため海上保安庁はその運航に注力し、エアバス・ヘリコプターズは必要な部品の供給に関わる包括的サポートを行っています。

H225はエアバス・ヘリコプターズのスーパーピューマ・ファミリーの中で、最も新しい11トンクラスの双発ヘリコプターです。最新の電子機器と最高峰のオートパイロットを備え、あらゆる天候下での運用能力を備えています。特に高速性能、航続性能に優れており、用途に応じた多様な装備品の搭載も可能です。

国内においては28機のスーパーピューマ・ファミリーが防衛省や官公庁、民間において、捜索救難救助、洋上運用、VIP輸送、消防防災、人員・物資輸送等で活躍しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129