ニュース


最新型H135、代替重量により改良

2020/02/06


エアバス・ヘリコプターズはこのほど、最新型H135が代替重量(Alternate Gross Weight –AGW)により改良されることを発表しました。新しいAGWをそなえたH135は離陸重量と有効搭載量が120キログラム増加します。今回の改良点により、標準条件下で最大75海里または航続時間を最大40分間延ばすことも可能となります。2020年内に欧州航空安全機関(EASA)およびアメリカ連邦航空局(FAA)より認証され、ヘリオニクス装備のH135に採用することが出来ます。

新しいAGWは部品寿命の変動や追加検査がなく、同クラス最高を誇るH135の直接運航費と直接整備費も変わりません。また、AGWは有視界飛行方式および計器飛行方式に適応します。

現在H135ファミリーは世界中で1300機以上運航され、総飛行時間は500万時間以上にのぼります。世界60ヵ国でおよそ300のオペレーターによって運用され、救急医療、警察、ビジネスおよび洋上での人員輸送、そして訓練機および練習機として多種多様なミッションで活躍しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129