ニュース


大阪市消防局、H155を1機発注

2019/10/23


エアバス・ヘリコプターズは、西日本最大の消防局である大阪市消防局がH155を1機発注したことを発表しました。救急医療装置、投光装置、ヘリテレシステムなどを装備したH155は、大阪市内にとどまらず府下全域を網羅し、消火活動や救助活動に貢献します。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのギヨム・ルプランス最高執行責任者兼社長は次のように述べました。「大阪市消防局には、40年以上にわたって弊社の機体を運航いただいており、お客様からさらなる信頼をお寄せいただき大変光栄です。エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは、今後も高品質のサポートを提供し、消防ヘリコプターの任務に寄与すべく尽力いたします。新型のH155はキャビンスペースが現有のAS365N3より一回り大きく、機内での活動をさらに効率的に行うことが可能です。また同機はメインローターブレードを5枚備え、優れた飛行能力を発揮し、低振動と低騒音の快適性を実現しています。大阪市消防局のH155は新たに機体後方確認用カメラやヘリテレシステムなどが装備され、より高い安全性を提供します」

大阪市消防局は現在AS365N3を2機運航しており、2005年に導入された「おおさか」の後継機として、このほどH155が選定されました。

エアバスの中型双発ヘリコプターH155は、ビジネス輸送、救急医療、救難救助、警察任務など幅広い任務で活躍しています。最大離陸重量5トンのH155は、実績あるドーファン・ファミリーの改良型です。また同カテゴリー内で最も技術的に進歩したヘリコプターです。クラス最大のキャビンと離陸重量能力を備え、機内に必要装備品を容易に搭載可能とします。さらに、卓越した可視性と静寂性を備え、上空からの監視任務にも最適です。

大阪市消防局は、1976年にSA316Bアルウェット3を導入以来、SA365N、 AS365N2そしてAS365N3を運航しています。

国内においては50機以上のドーファン・ファミリーが官公庁、民間において、捜索および救難救助、警察任務、消防防災、報道、人員・物資輸送等で活躍しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129