ニュース


エアバスの「スカイウェイズ」、世界初となる陸上から船舶への自律輸送を実施

2019/03/15


エアバスはシンガポールにて、ドローン配送システム「スカイウェイズ」を運用し、陸上から船舶への自律輸送試験を開始しました。この自律輸送は世界で初めて実際の貿易港にて行われたもので、ドローン技術を駆使し、沿岸に停泊している作業船にさまざまな小包を輸送します。

この初飛行で「スカイウェイズ」は、シンガポールのマリーナ・サウス・ピアの海岸線から1,5キロメートル沖に停泊しているスワイヤー・パシフィック・オフショア社のアンカーハンドリング・タグ・サプライ船「M/V Pacific Centurion」へ向けて、3Dプリントの消耗品の自律輸送を行いました。無人航空機「スカイウェイズ」は、船のデッキに無事着陸し、積み荷を船長まで輸送後、基地へ帰還しました、初飛行は10分以内で完了しました。

この試験は、世界有数の海上輸送およびポートサービス事業会社のひとつである、ウィルヘルムセン・シップス・サービスとも共同で実施されています。エアバスの「スカイウェイズ」はシンガポールのマリーナ・サウス・ピアから最大4キログラムの積載量とともに離陸し、予め設定された経路に沿って海岸線から3キロメートル先まで自律輸送を行います。

「スカイウェイズ」プログラム責任者のレオ・ジェオは次のように述べました。「初の海上運用試験をむかえ、期待に胸を膨らませています。今日の成果はプロジェクトチームの数ヶ月にわたる徹底的な準備とパートナー会社との強力なコラボレーションによるものです。『スカイウェイズ』は海上という新しい環境下で任務遂行を目指します」

また、「私たちは安全で信頼性の高い自律輸送機を開発するために必要なものを探求、追求し続けました。エアバスのアーバン・エア・モビリティの取り組みを一歩前進させることができ、うれしく思います」と続けました。

ウィルヘルムセン・シップス・サービスのバイス・プレジデント、マリウス・ジョナセンは次のように述べました。「これまで2年間にわたってパートナーとともに尽力してきました。世界でも有数の貿易港であるシンガポール港で、陸上から船舶への円滑な自律輸送を成功させることは大きな進歩です。わが社の確立されたサービスを通じて日々、必要不可欠な予備部品や、医療用品または現金が大型ボートで輸送されています。無人航空機システムなどの最新技術は新しいツールとして活用することで、業界をさらに進化させ、お客様へのサービスの向上に貢献します」

海上輸送ミッションでの無人航空機の運用は、既存の海運事業会社の可能性を拡大します。輸送にかかる時間を最大6倍速め、配送コストを最大90%低減します。また、カーボンフットプリントを削減し、さらに港や沿岸で用いる大型ボートの輸送時の事故の発生リスクを軽減します。

エアバスとウィルヘルムセン・シップス・サービスは2018年6月、陸上から船舶への安全な輸送のための無人航空機の開発にかかわる協定を締結しました。エアバスの垂直飛行に関する専門知識とウィルヘルムセンの海上輸送への豊富な経験が結びついた協力関係です。同年11月、シンガポールの海上および港湾局による円滑な進行により、着陸用プラットフォームおよび管制センターがマリーナ・サウス・ピアに設置されました。海上機関はこの試験飛行のために沿岸への停泊を指定し、シンガポール民間航空庁は飛行試験の安全性を確保するためにエアバスとウィルヘルムセンと協力体制を築きました。

「スカイウェイズ」は、スマートシティにおいて多様で円滑な輸送ネットワークを構築することを目的とした実験的プロジェクトです。エアバスは「スカイウェイズ」プロジェクトを通して、大都市圏および海上における無人輸送機のインフラ・ソリューションの開発と無人航空機の持続可能性と効率性に取り組むことを目指しています。

「スカイウェイズ」は、シンガポールにて沿岸に停泊している船舶に安全かつ確実に小包を自律輸送する能力を実証しました。今後、シンガポール国立大学にて都市環境下における自律輸送の試験飛行を開始します。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129