ニュース


国際航空宇宙展2018東京

2018/11/29


エアバス・ヘリコプターズ、神戸空港事業所を拡張
国内のサポート体制を増強


エアバス・ヘリコプターズは国内でのビジネス拡大にともない、神戸空港事業所に隣接する敷地に格納庫を増築することを発表しました。2019年6月着工予定、同年11月竣工予定です。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンの神戸空港事業所は、最大25機の中型ヘリコプターを格納可能です。また同事業所はアジア地域のエンジニアリング拠点としての役目をはたし、トレーニングセンターでは2014年に導入された、日本初のヘリコプターのフル・フライト・シミュレーターでの訓練を提供しています。これまで500名以上の国内外のパイロットおよび整備士へフル・フライト・シミュレーターによる訓練を提供しています。

今回の拡張により、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは神戸空港内での航空事業では最大のテナントとなり、専有面積は1万9,685平方メートルに拡大します。整備施設は60%増加し、最大40機ほどの中型ヘリコプターが格納可能となります。新しい施設には、今後の需要拡大に対応できる格納庫、オフィス、倉庫が配備されます。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は次のように述べました。「エアバス・ヘリコプターズにとって日本は大変重要な市場です。今回の神戸事業所拡張はわたしたちの国内での成長戦略の一部であり、今後も拡大する需要へ責任をもってお答えし、お客様へのサポート体制をより一層強化します。神戸事業所は今日までさまざまな技術、能力を構築し、今後も大きな成長の可能性を秘めています。より万全な体制で機体導入後のサポート、MRO、エンジニアリング、テクニカルサポート、シミュレーター・トレーニングなど包括的ソリューションを提供し、お客様のオペレーションを支援いたします」

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは1961年に三ツ矢航空へ「アルウェットⅡ」を国内で初めて納入しました。これまで440機を国内のお客様へ引渡し、エアバス製のヘリコプターは多種多様なミッションで活躍しています。現在、日本におけるエアバス・ヘリコプターズの民間および官公庁市場におけるシェアはH145//BK117D-2を含め54%です。この市場は今後20年間で年間2%の成長が見込まれております。2018年の新規受注率はすでに50%を超えています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129