ニュース


エアバス・ヘリコプターズ、世界146のオペレーターと約550機のデータを共有

2018/10/24


エアバス・ヘリコプターズは世界146のオペレーターと約550機の運航にかかわるデータを共有し、実用的なデータ運用によってヘリコプターのパフォーマンス向上を目指しています。救急医療サービス(EMS)、警察、消防防災、オイル&ガス事業、人員輸送、プライベートおよびビジネス輸送で活躍するH125、H130、H145、H155、H175、H215そしてH225が含まれます。

エアバス・ヘリコプターズと現在共有されているデータソースは、最新鋭アビオニクスシステム「ヘリオニクス」、 HUMS (Health and Usage Monitoring System)、フリートキーパー・デジタルログブックなどが対象です。エアバス・ヘリコプターズはこのほどMROソフトウェア・プロバイダーのMRX Systems、Rusada、RamcoそしてTraxxallとのデータ共有にかかわる契約を締結し、デジタル化された整備データの共有も開始しました。

データ共有を開始したオペレーターは、デジタル化された飛行記録などの分析データサービスに無償でアクセス可能となります。 より深い見識を求めるオペレーターはHCareコネクテッド・サービスを導入することで、ベンチマークとなる類似した運用情報をもとに、将来の起こり得る事象を予測分析することができます。

例えば、FlyScanと呼ばれる整備にかかわる予測システムは、HUMSの振動データ分析とともに障害が発生する前に部品交換を促します。それによりAOGの回避、機体稼働率の向上、メンテナンスの負担軽減に貢献します。 FlyScanは2017年に始動して以来、10社のオペレーターによって44機に運用され、各オペレーターは年間1件のAOGを未然に防いでいます。

エアバス・ヘリコプターズの包括的なデジタルサービスは、軍用ヘリコプター向けにSmartForce、そして民間ヘリコプター向けにSkywiseを提供しています。エアバス・ヘリコプターズはデジタルデータの共有によってより安全で効率的なヘリコプターの運航をサポートします。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129