ニュース


ヒラタ学園、ドクターヘリの運航をエアバス機でさらに強化

2018/08/31


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は31日、ヒラタ学園に2機目のH145//BK117D-2を引き渡しました。ヒラタ学園は現在、14機のH135に加え、昨年末に受領したH145//BK117D-2を1機運用しています。今回納入される2機目のH145//BK117D-2は今後、ヒラタ学園が運航受託しているドクターヘリの運航支援任務や人員物資輸送などに携わる予定です。初号機は、今年6月より国立病院機構長崎医療センターにてドクターヘリとして活躍しています。

ドクターヘリは、救急医療用の医療機器を搭載した専用のヘリコプターで、2001年に救急医療サポートとして正式に国内に導入されました。医師や看護師とともに事故や災害現場に駆けつけ、救命治療を行いながら患者を迅速に搬送し、救命率の向上に貢献します。関西地域では2010年より関西広域連合が主体となり、広域的なドクターヘリの配置・運航を導入しています。ヒラタ学園は現在事業移管されているドクターヘリの運航会社として、安全運航とサービスの普及を推進しています。2018年8月現在、42道府県に52機のドクターヘリが配備中です。

ヒラタ学園の平田光弘航空事業本部本部長は、次のように述べました。「一刻を争う救急医療の現場では、安全で優れた任務遂行能力持つヘリコプターを必要とします。 私たちは、20年近くにわたってエアバス・ヘリコプターズの機体を運航しサポートを受けております。また日本国内で初めてH145//BK117D-2をドクターヘリとして導入しました。2機目のH145//BK117D-2も、今後必要とされる航空医療現場において、優れた飛行安全性とともに国内で活躍する事を確信しております」

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は次のように述べました。「エアバス・ヘリコプターズは日本国内の救急医療サービス(EMS)に貢献できることを大変嬉しく思います。今夏に国内で初めてヒラタ学園にH145//BK117D-2がドクターヘリとして導入され、続いて2機目も今後ドクターヘリとしての活躍が期待されます。同機はあらゆる任務に対応できる柔軟性、高い飛行性能と運用効率を可能にし、引き続き万全な体制で安全な運航をサポートいたします」

H145//BK117 D-2は川崎重工業と共同開発され、優れた飛行性能を備えます。新型アビオニクス「ヘリオニクス」を装備し、特に高高度、高温環境において優れた任務遂行能力と柔軟性を提供します。広いキャビン、コンパクトな機体と強力なエンジンにより、H145//BK117D-2は救急医療、消防防災、オフショア人員輸送、警察任務など幅広い任務に最適です。世界で1400機以上が運航されており、総飛行時間は500万時間に到達しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129