ニュース


海上保安庁とH225に係るHCare Smart契約を締結

2018/07/18


今後納入される機体を含む、10機のH225の機体維持等に係るサポートを提供

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンはこのほど、海上保安庁とH225の機体維持等に係るHCare Smart Full By-the-Hour (FBH)サービスを5 年間提供する契約を締結したことを発表しました。今年7月から、海上保安庁のH225運航に必要な部品の供給に関わる包括的なサポートを開始しています。FBHサービスにより、安定した予算管理や在庫の確保など、日々の運航管理を効率的行うことができ、機体稼働率の向上が期待されます。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは今年初め、海上保安庁より10機目となるH225を1機受注しました。2021年3月までに海上保安庁へ納入されるH225は合計10機に増加し、同サービスは現在運航中の5機および今後納入される5機すべてに適用されます。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は次のように述べました。「今回の契約は国内の防衛省以外の官公庁市場で初めて、かつ大型のHCare Smartサービス契約です。エアバス・ヘリコプターズにとって大変輝かしい出来事です。海上保安庁とは20年以上にわたって良好な協力関係を築いており、国内でも有数のスーパーピューマ・ファミリー運航者としてご活躍されています。同サービスは、機体稼働率の向上、ダウンタイムの低減、そして万全な体制のさらなる強化をサポートいたします。海上保安庁が今後も高い安全性とあらゆる任務において即時対応できる高い稼働率を確保できるよう、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンはさらに尽力いたします」

海上保安庁は、現在3機のAS332と5機のH225スーパーピューマ・ファミリーを運航しています。エアバス製のヘリコプターは25年以上にわたって、治安維持、領海警備、海難救助、災害対応等の多様な任務で運用されています。

エアバス・ヘリコプターズのHCareは、マテリアル・マネジメント、機体整備、技術支援、訓練運航支援、デジタル・アプリケーションの5つ分野で構成される、最も幅広いアフター・サポート・サービスです。なかでもHCareマテリアル・マネージメントは、包括的なソリューションを提供するHCare Infinite、お客様毎のニーズに合わせた“by the hour”サービスのHCare Smart、必要なサービスをいつでも活用できるHCare Easyの3つのパッケージが用意されています 。HCareは、世界中のお客様に常時支援を行うサービスとして、専門技術者が必要な時、必要な場所で24時間年中無休で対応します。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129