ニュース


エアバス・ヘリコプターズの「ヘリオニクス」搭載機、10万飛行時間到達

2018/03/19


エアバス・ヘリコプターズのデジタル・アビオニクス・システムはH135、H145、H175に装備され、H160に今後搭載可能

エアバス・ヘリコプターズの最新鋭アビオニクスシステム「ヘリオニクス」を搭載した機体の総飛行時間が運航開始からわずか3年で10万時間を超えました。「ヘリオニクス」はH145とH175向けに搭載を開始し、その後H135に搭載する認証を欧州航空安全機関(EASA)より受けました。このほど、最新の「ヘリオニクス」コックピットを装備したH135がアメリカ連邦航空局(FAA)より型式証明を取得しました。今後H160および現在のラインナップ製品、そして今後開発される機体にも「ヘリオニクス」が搭載可能です。

「ヘリオニクス」は、ヘリコプター任務のために必要な柔軟性と飛行安全性を向上させるためにエアバス・ヘリコプターズによって開発されました。オペレーターの要求を満たすために、飛行情報を集約し、操作をより容易にするとともに、高機能で情報処理能力が高くよりパワフルなアビオニクスシステムを提供します。飛行中のパイロットの状況認識を改良するために設計された、最大4つのディスプレイを備え、2基のコンピュータと独自のコックピットレイアウトで構成されています。

デジタル・アビオニクス・システムは、パイロットの作業負荷を軽減するための4軸オートパイロットを含み、ファースト・リミット・インジケータにエンジン計器データが表示され、情報が1ヵ所に集約されます。さらにGPSナビゲーション、通信および接近情報通知システムが完備されています。パイロットが状況認識を高めるための情報として、2Dで平面地図を表示するデジタルマップ、衝突を回避するための地形データおよび外部環境を3D表示させる機能等のミッションシステムを提供します。

今後は、自動的に飛行位置と高度などを発信する機能(ADS-B)、シンセティック・ビジョン・システム、衝突回避のための地形情報および警告を提供するシステムの向上、そしてより高度な結合システムを装備可能にします。

「ヘリオニクス」搭載機は、世界中で40社以上によって250機以上が運航されています。ドクターヘリ、警察、石油・ガス(洋上運用)、捜索救難救助そしてVIP機として活躍しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129