ニュース


エアバス・ヘリコプターズ、バブコックとH160の包括協定、北米市場で新たに4機の追加発注を発表

2018/03/16


エアバス・ヘリコプターズはこのほど、世界14カ国を拠点に51 年以上の経験を誇るバブコックとH160の購入に関する5年間の包括協定を締結しました。バブコックは、救急医療、消防防災、捜索救難救助、石油・ガス(洋上運用)などのミッション・クリティカル・サービスを提供しています。この契約により、同機は今後、救急医療および人命にかかわる重要なサービスを任務とし、ヨーロッパから段階的に世界中の拠点にて運用されます。

H160は68の特許とエアバス・ヘリコプターズの最新の技術革新を統合し、低騒音のBlue Edgeブレードそして視界の広いキャビン設計により快適な飛行を実現します。またヘリオニクス搭載のH160は、パイロットのワークロードを軽減し、安全性の向上を図ります。エアバス・ヘリコプターズは設計から生産までの工程を見直し、H160は機体受領の24 週間前までミッションに応じた機体仕様の選択が可能となります。マーケットの需要に合わせて、納入準備の最後の段階まで柔軟に対応できます。

また、エアバス・ヘリコプターズは米ラスベガス「HAIヘリ・エキスポ2018」にて北米市場での初受注となるH160、4機の契約締結を発表しました(名前は非公開)。同機は全てACH(エアバスのコーポレート・ヘリコプター)仕様です。“スタイレンス”インテリアを備えたプライベートやビジネス向けのACH160を1機、そして“エクスクルーシブ”仕様のACH160を3機受注しました。“エクスクルーシブ”仕様のACHは最高レベルのカスタマイズが可能で、職人技が光る高品質のオーダーメード機です。

ACH160の最先端のデザインと最新技術は乗客にビジネスジェットのような乗り心地を提供します。本社の置かれた仏マリニャンヌにて行われたデモフライトで、低騒音による飛行快適性の向上を証明し、同機4機の発注が確定しました。ACH160は、キャビンからのパノラマな視界、低騒音レベル、高速での滑らかな飛行を実現します。インテリアもACHならではのカスタマイズも可能になるなど、プライベートおよびビジネス向けの高い基準を満たします。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129