ニュース


エアバス・ヘリコプターズ、「HAIヘリ・エキスポ2018」にて50機以上新規受注

2018/03/09


新規機体およびサポート契約の新たな締結、更なる顧客満足向上を提供

エアバス・ヘリコプターズはこのほど、米ラスベガス「HAIヘリ・エキスポ2018」にて50機を超える受注を発表し会期を終了しました。会期中の受注は、世界中から幅広い製品を網羅し、新世代ヘリコプターH160の北米市場での初受注を含みます。さらに、H145そしてH125シリーズへの着実な受注獲得は、同機の優れた性能と評判の高さを強く示しました。

エアバス・ヘリコプターズのグローバルビジネス上席副社長のベン・ブリッジは次のように述べました。「HAIヘリ・エキスポ2018会期中、多くの好意的な反応を得ることができました。非常に成功したヘリ・エキスポと言えます。H160の公式グローバル・ローンチカスタマーであるバブコックとの締結を含む、極めて重要な契約を結びました。お客様からの私たちの製品とサービスへ、より一層の信頼を獲得し大変誇りに思います。競争力の高い市場で差別化を図るために、顧客満足、品質、安全、そして競争力を重視した努力の結果だと思っております」

「HAIヘリ・エキスポ2018」での発表受注内容
・メトロ・アビエーション、EC145eを25機
・ヘリコプター・トラベル・ミュニック、H125を4機
・ヘリフリート、H125を7機およびH130を3機
・オートパンサー、H130を1機
・ノエビア・アビエーション・インク、H125を1機
・中日本航空、H135を1機
・ボストン・メッドフライト、H145を3機
・トランスポルト・アエロ・ペガソ、H175を1機
・北米の顧客より、ACH160を4機

また、エアバスはBladeとの提携を発表し、新しいプレミアム・オンデマンドヘリコプターの飛行体験を開発し、アーバンモビリティ(都市交通)のビジネス戦略を拡大します。サポートおよびサービスの面では、HCareカスタマーサポートを複数締結し、引き続きオペレーターに優れたサポートおよびサービスを提供いたします。サフラン・エレクトロニクス・アンド・ディフェンス(前SAGEM)とヘリコプターのデータ監視システムについて、またトラクサールと航空機のメンテナンス・トラッキングと在庫管理システムについてパートナーシップも締結しました。さらに、テキサス州グランドプレーリーに北米地域のトレーニングセンターを建設する計画を発表しました。H145およびH175シリーズ、そして最終的にはH160フル・フライト・シミュレーターを開設予定です。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129