ニュース


ノエビア・アビエーション・インク、H125を1機発注

2018/02/28


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは28日、米ラスベガスで開催中の「HAIヘリ・エキスポ2018」にてノエビア・アビエーション・インクがH125を1機発注する契約を締結したことを発表しました。実績ある高性能のエキュレイユ・ファミリーのH125シリーズは、日本国内で最も人気のあるエアバス・ヘリコプターズの小型単発機で、現在89機が運航されています。

エアバスの革新的なグラスコックピットを装備した新しいH125は、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンにてオートパイロット、衝突警報装置などの特別装備を搭載し、納入後、人員輸送用として日本で運用されます。

ノエビア・アビエーション・インクの近藤正樹代表取締役社長は次のように述べました。「私たちは30年以上の間、つねにH125シリーズを使用してきました。同機は高い信頼性と性能で人員輸送のニーズに応えてくれます。またエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンとの良好な関係を継続し、このたびグラスコックピットと特別安全装備を搭載した新型のH125を導入することを大変喜ばしく思っております。我々は、安全性が更に向上したこの新しいヘリコプターが既存のエアバス機とともに、国内の業務に大きな価値を与えてくれることを確信しています」

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は次のように述べました。「長年のお客様であるノエビア・アビエーション・インク様からの新たな受注は、弊社製品およびサポート体制への信頼の大きさをまさに示していると思います。既存のH125を長い間ご愛顧頂き、この度新型のH125を導入されることを大変光栄に存じます。実績が大きく、多様性を備えた同機は様々なミッションにおいて国内で広く親しまれております。また十分に確立された弊社の国内のバリュー・チェーンを通じ、私たちは引き続きお客様へのトータル・サポートを提供してまいります」

H125は実績のあるエキュレイユ・ファミリーです。H125はその高い性能、多用途性、信頼性、整備費と取得費用の費用対効果において他の単発ヘリコプターに勝り、主に物輸、送電線パトロール、報道取材、旅客輸送等の各種航空事業、警察任務、救急医療に使用されています。2005年、H125はエベレストの山頂8, 850メートル (29,035フィート) において世界最高高度離着陸記録を樹立しました。これまでに6,000機以上のエキュレイユ・ファミリーが約120ヶ国、約1,800社へ納入されています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129