ニュース


ブリュノ・エヴァン、エアバス・ヘリコプターズの最高経営責任者(CEO)に


エアバスはこのほど、2018年4月1日よりエアバス・ヘリコプターズの最高経営責任者(CEO)としてブリュノ・エヴァン(49)を任命しました。エアバスのトム・エンダース社長兼最高経営責任者(CEO)および執行委員会の直属となります。

ブリュノ・エヴァンは2015年よりサフランにてヘリコプター・エンジン事業の最高経営責任者(CEO)を務めていました。エアバスの民間航空機部門の最高経営責任者(CEO)に来週就任するギヨム・フォーリの後任となります。

エアバスのトム・エンダースCEOは次のように述べました。「経験豊富なブリュノ・エヴァンがエアバス社に加わることを非常に嬉しく思います。ブリュノは非常に若くしてサフランの経営幹部に昇格しました。彼のヘリコプター・ビジネス分野での幅広い経歴と、プログラムとエンジニアリングの専門知識を組み合わせた強力な顧客重視の姿勢は、ギヨム・フォーリの後任者として、要求度の高いビジネスの舞台での成功をおさめるため最適です」

エヴァンは、エコール・ポリテクニーク(École polytechnique)を卒業後、1992年に仏国防省に入省し、ヘリオス2(Helios 2)偵察衛星のスペース・コンポーネントの開発を担当しました。1997年に仏外務省へ異動し、戦略・安全保障・軍縮局長の技術顧問になりました。1999年より、サフラン・ヘリコプター・エンジンズ(前チュルボメカ)にて複数の経営職そして、サポートおよびサービスの上席役員として経験を積んだ他、2013年から2015年にかけて、サフラン・エレクトロニクス・アンド・ディフェンス(前SAGEM)のCEOを務めました。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129