ニュース


エクセル航空、ヘリオニクス装備のH135を1機発注

2018/02/07


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社はこのほど、エアバスの革新的なテクノロジーによる最新のアビオニクス「ヘリオニクス」を装備したH135の受注契約を締結しました。2019年12月に納入予定の新機体は、運航開始から27年間経過したAS355F2の更新機となり、報道取材用としてエクセル航空により運航されます。

エクセル航空株式会社の岸田啓二代表取締役社長は次のように述べました。「エアバスの最先端のアビオニクス『ヘリオニクス』装備のH135を導入する事を大変嬉しく思います。優れた航続性能と高い積載能力を備えた同機が、当社の事業拡大に向けて重要な役割を果たしてくれると確信しています」

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は次のように述べました。「エクセル航空との30年にわたる厚い信頼関係を大変誇りに思います。今回の新規受注は弊社製品の運用信頼性、性能、そして私たちがお客様に提供してきた強力な国内でのサポートへの信頼の証だと思っております。私たちは今後もお客様の安全運航のために尽力します。エアバスの最新技術を搭載した高性能のH135は、報道取材任務に最適な双発ヘリコプターです。日本国内ではH135ヘリコプターのバリュー・チェーンが完全に確立されており、エクセル航空への確実なサポートへの体制の準備も万全です」

最新技術を搭載したH135は、市場をリードする多用途向け小型双発ヘリコプターです。警察、緊急医療、ビジネス輸送、軍用訓練など様々な任務に対応します。エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは、神戸事業所内のトレーニングセンターにて、日本国内外のお客様に対してH135フル・フライト・シミュレーターの訓練を提供しています。現在、日本国内では合計88機のH135が運用されております。世界で1250機以上が運航されており、総飛行時間は400万時間以上にのぼります。

エクセル航空は、千葉県および沖縄県を拠点に、日本国内で航空運送事業、ヘリコプタークルージング、航空機使用事業を主なビジネスとしています。新しいH135は、現在運用されているAS355N、AS350B2、AS350B3に加え導入されます。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129