ニュース


ヒラタ学園にH145//BK117D-2初号機を納入

2017/12/19


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は19日、ヒラタ学園にH145//BK117D-2初号機を引き渡したことを発表しました。同日エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン神戸空港事業所で引渡式が開催されました。同機は、2018年6月から長崎県のドクターヘリとして運航される予定です。この新型機の納入によって、ヒラタ学園とエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンの協力体制がさらに強化されます。

ヒラタ学園は、「2016年国際航空宇宙展」において同機を2機購入する契約を締結しました。2機目のH145//BK117D-2は、2018年9月に納入され、同じく救急医療サービス(EMS)として配置される予定です。ヒラタ学園は現在、14機のH135を運用しています。最新のH135は、2017年10月に既に引き渡され、今後ドクターヘリとして活躍が期待されます。

学校法人ヒラタ学園の平田勇理事長は次のように述べました。「日本国内で初めてH145//BK117D-2をドクターヘリとして導入する事を大変嬉しく思います。この新型機は私たちのニーズに見事に応え、現在長崎県内で活躍中のH135の後継機として運用されます。日本でEMS市場が今後も大きく成長し続ける中、私たちは引き続きドクターヘリの安全運航に努めて参ります」

エアバス・ジャパン代表取締役社長兼エアバス日本代表のステファン・ジヌーは、「ヒラタ学園が日本初のH145//BK117D-2のオペレーターになることを大変光栄に存じます。また、エアバス社と当社製品に厚い信頼を寄せていただき感謝いたします。H145 // BK117D-2機を日本の市場に導入することができ、また本日の記念すべき引き渡しは、日本におけるエアバスの新たな幕開けとなります」と述べました。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は次のように述べました。「H145//BK117D-2初号機を無事に納入し、ともに祝福できることを喜ばしく思います。当機はこれからまもなく、長崎県の救急医療サービス任務で重要な役割を担います。優れた飛行安全性とあらゆる任務に柔軟に対応することのできる高い性能を持つH145//BK117D-2は、航空医療のまさに難しい環境下でその役割を果たしてくれると確信しています。航空安全はわが社の最優先事項です。私たちは、引き続きお客様の運航のために、確実なサポート体制を提供し、日本の空の安全を支える役割を果たし続けます」

ドクターヘリによる緊急医療サポートは2001年に正式に国内に導入されました。ヒラタ学園は2014年に安全運航10万回を達成し、日本航空医療学会ならびに認定NPO法人救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)より「ドクターヘリ安全運航10万回達成記念」感謝状を受領しました。2018年には、11の都道府県に同学園のドクターヘリが配備されます。

H145//BK117 D-2は川崎重工業と共同開発され、優れた飛行性能を備えます。新型アビオニクス「ヘリオニクス」を装備し、特に高高度、高温環境において優れた任務遂行能力と柔軟性を提供します。広いキャビン、コンパクトな機体と強力なエンジンにより、H145//BK117D-2は救急医療、消防防災、オフショア人員輸送、警察任務など幅広い任務に最適です。世界21か国で1400機以上が運航されており、総飛行時間は480万時間以上にのぼります。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129