ニュース


アカギヘリコプター、H125を1機発注

2017/06/23


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンとの30年の関係を強化

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社はこのほど、アカギヘリコプターとH125の受注契約を締結しました。この実績のあるエキュレイユファミリーのヘリコプターは、空撮、物資輸送ミッションのために2018年6月に同社に納入されます。現在、アカギヘリコプターは2機のSA315(ラマ)と4機のAS350シリーズを運航しています。今回の発注はアカギヘリコプターが運航する最初のH125となります。

アカギヘリコプターの坂本純一代表取締役社長は次のように述べました。「当社とエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンは30年間にわたり優れた関係を築いてきました。この成功を踏まえ、長年活躍した2機のSA315の退役に備えてH125の導入を待望しています。新しく導入されるヘリコプターは、これからも吉野杉を輸送するという重要な役割を担い続けます。安全は私たちの最優先事項であり、精妙な作業任務を果たすためにエアバス・ヘリコプターの機体を購入することを決定しました。我々は、今後も引き続きエアバス・ヘリコプターとの関係の向上を期待します」

H125は、1985年から同社が運航している2機のSA315の後継機となります。この2機のラマは、日本で運航している最後の機体で2018年退役予定です。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は次のように述べました。「アカギヘリコプターとは、良好な関係を約30年間維持しております。H125を後継機として選定頂いた事は、当社の高品質で高性能な製品への信頼の証です。H125はあらゆる任務に対応し、険しい山林地帯でも安全に任務を遂行出来ると確信しています」

H125は実績のあるエキュレイユファミリーです。H125はその高い性能、多用途性、信頼性、整備費と取得費用の費用対効果において他の単発ヘリコプターに勝り、主に物輸、送電線パトロール、報道取材、旅客輸送等の各種航空事業、警察任務、救急医療に使用されています。2005年、H125はエベレストの山頂8,850メートル(29,035フィート)において世界最高高度離着陸記録を樹立しました。これまでに6,000機以上のエキュレイユファミリーが約120ヶ国、約1,800社へ納入されています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 直江/野坂
電話:03-5775-6262/03-5775-0129