ニュース


ウェイポイント・リーシングより16機追加受注

2017/03/09


H145、H135を追加受注、さらにH175を初受注

エアバス・ヘリコプターズは7日(テキサス州ダラス)、アイルランドを拠点とするウェイポイント・リーシングより、ヘリコプター16機を追加受注したことを発表しました。ウェイポイント・リーシングは合計140機以上のヘリコプターを保有しており、そのうち45機がエアバス・ヘリコプターズ製です。

1億ユーロ超の購入契約には、H135とH145の追加発注と、H175の初発注が含まれています。ウェイポイント・リーシングはH135とH145を主に救急医療やその他様々なミッションを行っている世界中の運航会社にリースする予定です。また、H175はオイル&ガス、捜索救助、公共サービス任務向けにリースします。同社は今回の購入契約の他、これまでにH135を26機とH145を1機発注しています。

ウェイポイント・リーシングはリース市場におけるH135とH145の投入に成功し、さらにその保有機を拡大させ、市場に柔軟なリースソリューションを提供し続けています。

H175は近距離と長距離任務において優れたペイロード性能を備え、運航会社の年間生産性の向上に貢献しています。さらに、低い運航コストと整備コスト、高い稼働率によって、顧客に高いコストパフォーマンスを提供します。コンパクトな機体のH145は広々とした柔軟性のあるキャビン、高出力エンジンを備え、幅広いサービスを提供する運航会社に最適なヘリコプターです。H135は警察任務や救急医療、VIP、ビジネス人員輸送、洋上風力発電施設の保守などに使用されています。成熟度の高い機体設計によって整備時間を短縮、簡易化し、稼働率を向上、運航コストを抑え、世界で最も低コストの双発ヘリコプターの一つです。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129