ニュース


ヒラタ学園にH135を納入

2017/01/13


新型H135はドクターヘリとして2月から運航開始

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は、ヒラタ学園にH135を引き渡したことを発表しました。ヒラタ学園がH135(EC135 P3型)を受領するのは初めてです。引き渡された機体は2017年2月より奈良県のドクターヘリとして運航が開始される予定です。EC135系列型に新たに追加されたEC135 P3型が日本でドクターヘリとして運航されるのは今回が初めてとなります。

ヒラタ学園の平田光弘航空事業本部本部長は次のように述べました。「私たちは2000年からH135の初期型であるEC135 P1型を運航しており、その優れた効率性と高機能性を評価しています。エアバス・ヘリコプターズの高品質なアフターサポートと最新技術を備えた機体によって、H135がドクターヘリとして多大な貢献をしてくれることを期待しています」

ヒラタ学園は現在、H135を12機とH125を1機運航しています。また、2016年10月にはH145//BK117D-2を2機日本で初めて発注しました。そのうちの1機と受注残のH135を1機今年受領する予定です。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は次のように述べました。「長年H135を運航し、密接な信頼関係を築いているヒラタ学園に、新派生型であるEC135 P3型を納入できたことを大変嬉しく思います。高い性能を備えたH135は救急医療サービスの任務で重要な役割を果たすことができるでしょう。私たちは引き続きお客様のニーズに応じた包括的なサポートサービスを提供するため尽力します」

最新技術を搭載したH135は、市場をリードする多用途向け小型双発ヘリコプターです。警察活動、ドクターヘリ、ビジネス輸送、軍用訓練など様々な任務に対応します。エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンの神戸空港事業所ではH135のフル・フライト・シミュレーターを運用し、訓練サポートを提供しています。現在、H135は国内において87機が導入され、そのうち約30機がドクターヘリとして運用されています。世界中ではおよそ1,200機が運用されており、合計飛行時間は300万時間以上に及びます。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129