ニュース


警察庁がH135を2機発注、さらにドーファンファミリー2機を受領

2016/12/26


・2019年からヘリオニクス装備のH135を日本で初めて導入
・AS365 N3+とH155を受領


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は26日、警察庁が2機のH135を購入する契約を締結したことを発表しました。警察庁はヘリオニクスを装備したH135を日本で初めて導入します。機体は2019年に納入予定で、和歌山県警察と熊本県警察へそれぞれ配備されます。

また今月、警察庁が2015年に購入契約を締結したAS365 N3+とH155が納入され、福岡県警察にAS365 N3+が、香川県警察にH155がそれぞれ配備されました。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのオリヴィエ・ティリエ代表取締役社長は以下のように述べました。「このたびエアバス・ヘリコプターズの製品が警察庁に選定され、日本で初めて最先端ヘリオニクスを装備したH135が導入されることを大変光栄に思います。また同時に、2機のドーファンファミリーを納入したことを嬉しく思います。高機能を備えたH135は警察活動を含む幅広い任務に最適な機体で、和歌山県警察および熊本県警察が担う重要な任務に多大な貢献を果たすことができると確信しています。今後もお客様の要望に適う高品質なサポートを提供できるよう尽力します」

今回契約されたH135は国内で初めて、最先端のアビオニクス「ヘリオニクス」を装備します。統合型グラスコックピットと4軸デジタルオートパイロットにより操縦士の操作負担を軽減し、安全性が更に向上しました。

最新技術を搭載したH135は、市場をリードする多用途向け小型双発ヘリコプターです。警察活動、ドクターヘリ、ビジネス輸送、軍用訓練など様々な任務に対応します。エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンの神戸空港事業所ではH135のフル・フライト・シミュレーターを運用し、訓練サポートを提供しています。現在、H135は国内において86機が導入され、そのうち警察では10機が運用されています。世界中ではおよそ1,200機が運用されており、合計飛行時間は300万時間以上に及びます。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129