ニュース


シンガポール共和国国防省がH225Mを発注

2016/11/09


・シンガポール共和国空軍が様々な任務で運用
・H225Mを発注した世界で8番目の国


エアバス・ヘリコプターズは8日(マリニャンヌ)、シンガポール共和国国防省がH225Mを購入する契約を締結したことを発表しました。

エアバス・ヘリコプターズのギヨム・フォーリ代表取締役社長(CEO)は以下のように述べました。「次世代のミディアムリフトヘリコプターとしてシンガポールがH225Mを選定したことを大変光栄に思います。スーパーピューマは過去30年間シンガポールで運用されています。シンガポール共和国空軍はH225Mの導入によって、実証された柔軟性の高い最先端プラットフォームが飛躍的な性能向上をもたらし、最も困難な任務にも対応することができるでしょう」

シンガポール共和国のH225Mは捜索救助、医療救助、人道支援・災害救助といった様々な任務に使用されます。卓越した航続距離、世界最高レベルの飛行制御システムと長航続時間を備えたH225Mは、最も厳しい環境において優れた汎用性と性能が実証されています。

H225Mは、世界で500機以上が納入されている軍用のスーパーピューマー/クーガーファミリーの最新型です。これまでにフランス、ブラジル、メキシコ、マレーシア、インドネシア、タイ、クウェートから受注を獲得しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129