ニュース


西日本空輸にH125を納入

2016/10/31


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は31日、西日本空輸株式会社(以下、西日本空輸)にH125を納入したことを発表しました。H125は送電線巡視や撮影、視察調査、物資輸送など、同社が提供する様々なサービスで運用されます。現在、西日本空輸はAS350BとAS350BAを合計5機と AS365N2を1機運航しています。

西日本空輸の田上伸夫代表取締役社長は次のように述べました。「長年運用し、高い信頼性が実証されているH125を追加導入することを嬉しく思います。当社は送電線パトロールを始め、報道ヘリ、資材輸送など幅広く事業を展開しており、多用途性能と多くの実績を持つH125は最適な航空機です。今後も当社の事業において大きな役目を果たしてくれることを期待しています」

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は次のように述べました。「私たちの製品を1972年に初めて導入されてから40年以上もお付き合いのある西日本空輸に、追加機材としてH125を納入できたことを大変光栄に思います。また、同社には1987年にH125(AS350B型)の記念すべき1,000機目を納入しており、我が社の歴史にとっても非常に重要なお客様です。多様な任務に効率的に対応するH125が、地域社会の発展を目指し、幅広く提供する西日本空輸のサービス拡充に寄与することを願っています」

H125は実績のあるエキュレイユファミリーです。これまでに6,000機以上のエキュレイユファミリーが約120ヶ国、約1,800社へ納入されています。H125はその高い性能、多用途性、信頼性、整備費と取得費用の費用対効果において他の単発ヘリコプターに勝り、主に物輸、送電線パトロール、報道取材、旅客輸送等の各種航空事業、警察任務、救急医療に使用されています。H125(AS350B3e)は世界で550機以上、国内では15機が運航されています。2005年、H125はエベレストの山頂8,850メートル(29,035フィート)において世界最高高度離着陸記録を樹立しました。また、2016年には総飛行時間3,000万時間を達成しました。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129