ニュース


東邦航空にH125を納入

2016/10/14


・10機目のH125の引き渡し
・物資、人員輸送等様々な用途に使用


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は14日、東邦航空株式会社に、同社の10機目となるH125を納入したことを発表しました。東邦航空はH125を人員や物資の輸送を始め同社が提供する様々なサービスで運用します。

東邦航空は日本で初めてエアバス・ヘリコプターズの製品を導入した会社であり、現在合計で27機のエアバス・ヘリコプターズ製ヘリコプターを運航しています。

東邦航空の宇田川雅之代表取締役社長は、「このたび10機目となるH125を受領したことを嬉しく思います。当社はH125の素晴らしい性能と高い信頼性を高く評価しており、主力小型機として運用しています。H125を含めエアバス・ヘリコプターズ社製のヘリコプターは長年我が社のビジネスに大きな役割を果たしています。」と述べました。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、「日本で最初に私たちのヘリコプターを導入し、50年を超える歴史を持つお客様である東邦航空殿に10機目のH125を納入したことを喜ばしく思います。多用途に使用できるH125が同社の事業の拡充に多大な貢献を果たすことを確信しています。私たちは引き続きニーズに適う包括的サポートを提供していきます」と述べました。

H125は実績のあるエキュレイユ・ファミリーです。H125はその高い性能、多用途性、信頼性、整備費と取得費用の費用対効果において他の単発ヘリコプターに勝り、主に物輸、送電線パトロール、報道取材、旅客輸送等の各種航空事業、警察任務、救急医療に使用されています。2005年、H125はエベレストの山頂8,850メートル(29,035フィート)において世界最高高度離着陸記録を樹立しました。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129