ニュース


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、海上自衛隊とTH-135の機体維持等に係る包括契約を締結

2016/10/14


・稼働率を向上、装備品の適切な供給を確保
・長期的なコスト削減、管理を簡素化


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は14日、海上自衛隊とTH-135の機体維持等に係る包括契約(PBL)を締結したことを発表しました。これにより、エアバス・ヘリコプターズが提供する新しい包括的サポートサービスのHCareを活用することができます。PBLは装備品の補給や整備について、可動率の維持や安定した在庫の確保などの成果に基づき対価が出される契約です。

今年10月から施行され、現在海上自衛隊が15機保有する練習ヘリコプターのTH-135に対し、整備、部品供給、修理を含む包括的サポートを提供します。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は次のように述べました。「今回海上自衛隊とTH-135におけるPBLを結び、HCareによるサポートサービスを提供できることを大変光栄に思います。PBLによって海上自衛隊は稼働率の向上と装備品の適時、適切な確保だけでなく、長期的なコストの低減と管理を簡素化することができます」

HCareについて
エアバス・ヘリコプターズのHCareは、業界で最も幅広いサポートを提供する、高品質で高機能な包括的サポートサービスです。サービス全体を通じて継続的な改善を保証し、要望に応じた競争力の高いサービスをお客様に提供します。マテリアルマネジメント、機体整備、技術支援、訓練・運航支援、デジタルアプリケーションの5つのサービスで構成されるHCareは、世界中のお客様に常時支援を行うサービスとして、専門技術者が必要な時、必要な場所で24時間年中無休で対応します。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129