ニュース


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、福岡市とAS365N3+の契約締結

2016/10/13


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社は13日、福岡市とAS365N3+1機の契約を締結したことを発表しました。このAS365N3+は、現在福岡市消防局で運航されているAS365N2の更新機となります。引き渡しは2018年春の予定です。

福岡市消防局は現在、消防防災任務向けにAS365N2とAS365N3を1機ずつ運航しています。福岡市は1990年に初めてドーファンファミリーを導入しました。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は以下のように述べました。「九州地方での消防および救急活動で重要な役割を担う福岡市へAS365N3+が導入されえることを大変嬉しく思います。さらに高機能を備えたAS365N3+が福岡市消防局の任務に多大な貢献を果たすことができると確信しています。また、お客様の安全運航をサポートできるよう引き続き尽力して参ります」

現在、日本ではドーファンファミリーが合計54機(AS365が50機、H155が4機)運用されています。全国の警察機関ではAS365が7機配備されている他、消防防災機関では23機のAS365が運用されています。

中型双発ヘリコプターのドーファンには高速飛行、低騒音、低振動を実現する先進技術が採用されています。エアバス・ヘリコプターズの特徴の一つでもある、「フェネストロン」が搭載され、広々とした快適なキャビンには最大15名(操縦士2名、乗客13名)が搭乗可能です。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129