ニュース


ノースアジア地域代表およびエアバス・ヘリコプターズ・チャイナ社長にマリー=アニエス・ヴェーヴが就任

2016/09/26


エアバス・ヘリコプターズは14日、ノースアジア地域代表およびエアバス・ヘリコプターズ・チャイナ社長にマリー=アニエス・ヴェーヴが就任したことを発表しました。ヴェーヴは9月1日付でノルベール・デュクロの後任として着任しました。

マリー=アニエス・ヴェーヴは1982年にエアバス・ヘリコプターズに入社し、デザイン・オフィスに就きました。その後、H120、H155、H225のプログラム・ディレクターとして数多くの経験を重ね、2007年にエアバス・ヘリコプターズ・カナダの社長に任命されます。2009年にはエアバス・ヘリコプターズ・インド社長、2012年よりアエロリア・カナダのマネージング・ディレクターを務めた後、2013年からH225スーパーピューマプログラムの統括責任者に就任しました。

ヴェーヴは、エアバス・ヘリコプターズの執行委員で、グローバル・ビジネスを統括するベン・ブリッジに直属します。

本件に関する問合せ先
エアバス・ジャパン株式会社 広報担当 藤宗/野坂
電話:03-5775-0133/FAX:03-5775-0129