ニュース


ファンボロー航空ショー2016、エアバス・ヘリコプターズ、H175のVIP仕様初号機を納入

2016/07/12


2016年7月12日(フランス マリニャーヌ)- エアバス・ヘリコプターズ社は、中型双発機H175のVIP仕様の初号機を納入しました。同クラス最大のキャビンサイズに加え、スタイルと快適性を融合させたインテリアは、ビジネスジェット機やスーパーヨットで世界的に高名なペガサスデザイン社により開発されました。

エアバス・ヘリコプターズ社のギヨム・フォーリーCEOは、以下のように話しています。「このVIP仕様のヘリコプターは、プライベートジェット機で得られる飛行体験に非常に近くなったことで、プライベートおよび社用機市場にとってまさに朗報です。今回の初納入は、当社として、またH175のプログラムにとって重要なマイルストーンです。今後も新たな用途向けの仕様も展開していきます。」

今回のH175は、7名を快適に収容できるフルカスタマイズされたVVIP仕様です。ユニークなキャビンレイアウトは、前方をラウンジのように4名が向かい合うクラブシート型とギャレーを備え、後方は3名が快適に座れるソファ型のシートを採用しています。

キャビン内に使用される最高級の素材の他にも、乗降用電動ステップ付きヒンジ式ドアや調光可能な窓、ムードライト等を装備しています。機内エンターテインメントは、機外カメラの映像やムービングマップを見られる液晶画面付きシステムや衛星通信による接続サービスを装備しています。また、ジェット機のようにヘッドセットなしで会話することができる高い防音性も大きな特徴です。

H175には、6~8座席のVIP仕様及び、9~12座席のエグゼクティブ仕様があり、プライベートや社用機向けのハイエンドモデルとなります。どちらもいかなる速度域でもジェット機のような滑らかな乗り心地を提供します。エアコンは、飛行中はもちろん、地上でローター停止中でも機内を快適に保ちます。大きな窓も特長で、すべての座席から素晴らしいパノラマビューをお楽しみいただけます。

プライベートや社用機向け以外にも、H175はオフショア人員輸送から公共サービスまで様々なミッションにご利用いただけます。例えば、現在スコットランドとオランダの北海およびアフリカ西部沖でのオフショアミッションに運航されています。VIP仕様は、今回の初納入に続き、今年後半には2号機目を納入する予定です。なお、公共サービス仕様については、2017年後半に市場投入予定です。
エアバス・ヘリコプターズ社は、プライベートや社用機向けに最も幅広いラインアップの機体を提供しており、同市場において33%のシェアを持つマーケットリーダーです。

詳細につきましては、下記エアバス・ヘリコプターズ社のサイトよりご参照ください。(英文)
http://www.airbushelicopters.com/website/en/press/Airbus-Helicopters-delivers-the-first-H175-in-VIP-version_1985.html