ニュース


海上保安庁、6機目となるH225 を 1機発注

2016/03/15


海上保安庁とエアバス・ヘリコプターズ、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社はこのほど、H225 1機の契約を締結しました。この機体は、海上保安庁において現在使用されている機体の後継機として、2018年末までに納入予定です。

この機体は、海上保安庁の6機目のH225になり、最新鋭の捜索救難救助用特殊装備を搭載し、治安維持、領海警備、海難救助、災害対応等の多様な任務で運用されます。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、以下のように述べました。
「海上保安庁様と6号機目になるH225を成約でき、H225への信頼の証となったことを大変喜ばしく感じております。 これも捜索救難救助の任務に最適であるH225の秀でた性能や弊社のアフターサポートが評価されたものだと誇りに思います。 国内サポート体制の充実により、海上保安庁様の高稼働率を支え、よりご満足頂けるよう引き続き尽力して参ります」

H225はエアバス・ヘリコプターズ・スーパーピューマファミリーの11トンクラスの双発ヘリコプターで、定員は最大19名です。最新の電子機器と最高峰の自動操縦装置を備え、特に高速性能、航続性能に優れており、用途に応じた多様な装備品を搭載可能です。世界で180機以上のH225が22ヵ国で活躍しており、これまでに約50万飛行時間の実績があります。

国内においては24機のスーパーピューマファミリーが防衛省や官公庁、民間において、捜索救難救助、洋上運用、人員輸送等で活躍しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社  広報担当  中澤
電話:03-5414-3408/FAX:03-5414-3328