ニュース


H160試作2号機、初飛行

2016/01/29


・試作2号機が飛行試験プログラムへ
・初地上試験を2015年12月18日に実施

2016年1月27日 (水) 、H160は試作2号機がフランス・マリニャーヌで初飛行し、H160にとって2機体制での飛行試験プログラムを続ける多忙な2016年がスタートしました。

試作2号機(PT2)はTurbomeca社製Arranoエンジンが搭載された初めての機体です。試作1号機は、2015年末までに75時間以上の試験飛行を実施し、最初から機体の飛行エンベロープを開き、優れた機能と卓越した操縦性を実証しました。

H160プログラム責任者、Bernard Fujarski氏は以下のように述べました。
「2015年は、飛行試験において多忙な一年でした。今後Turbomeca社製Arranoエンジンを使用して性能試験を開始するので、PT2を導入することはH160の開発において重要な一歩です。H160の開発に5機の試作機投入を予定しており、2機の地上試験機と3機の飛行試験機が2018年運用開始への道を開きます」

完全に成熟したヘリコプターを市場に導入するために、H160の製品化及び、機体開発、産業化とサポート準備対応により2016年も同様に活動的な一年になるでしょう。

H160 PT2初飛行の動画を下記リンクよりご覧いただけます。
http://www.airbushelicopters.com/website/en/press/Airbus-Helicopters%E2%80%99-second-H160-prototype-takes-off_1904.html

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社  広報担当  中澤
電話:03-5414-3408/FAX:03-5414-3328