ニュース


日本の警察及び消防任務向けに新たにドーファンヘリコプター5機

2015/03/31


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンはこのほど、警察庁とドーファンヘリコプター2機の契約を締結しました。3月に警察及び消防のお客様へ納入された3機に続き、このドーファンヘリコプターの新たな契約は、警察及び消防・防災市場における双発ヘリコプターの重要性がますます強まっていることを示しています。

このほど警察庁と契約締結したH155(旧製品名:EC155)は香川県警、AS365 N3+は福岡県警へそれぞれ配備され、既存機体の後継機として2017年に納入される予定です。H155は香川県警では初のエアバス・ヘリコプターズ製のヘリコプターです。

またこの3月には、H155 が兵庫県警に、AS365 N3+がそれぞれ広島県警と名古屋市消防局に納入されています。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、以下のように述べました。
「長年の実績を誇るドーファンヘリコプターは、お客様の国内外での過酷なミッションに応えることが出来る機体です。また、国内でのトータルサポート体制を基盤とした、お客様に対する迅速かつ効率的な支援を提供し、お客様の安全運航の確保に尽力していきます」

現在、日本ではドーファンヘリコプターが合計56機運用されています。全国の警察機関では、H155が3機、AS365が6機配備されています。また、消防・防災機関では、AS365が24機運用されています。

中型双発ヘリコプターのドーファンには、高速飛行、低騒音、低振動を実現する先進技術が採用されています。エアバス・ヘリコプターズの特徴の一つでもある、「フェネストロン」が搭載され、広々とした快適なキャビンには最大15名(操縦士2名/乗客13名)が搭乗可能です。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社  広報担当  中澤
電話:03-5414-3408/FAX:03-5414-3328