ニュース


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、警察庁へ広島県警向けAS365 N3+を納入

2015/03/16


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社はこのほど、警察庁へエアバス・ヘリコプターズ製AS365 N3+を1 機納入しました。この機体は警察庁へ納入後、広島県警へ引き渡されました。広島県警察航空隊にて13 日、就航式が開催され、これまで運用されていたAS365 N2 の後継機として新しい機体が配備されました。

全国の警察では、このたび納入した機体を含み、現在 AS365 が6 機運用されている他、BK117 シリーズも含め、合計32 機のエアバス・ヘリコプターが運用されています。これらの機体は警ら、警備、事件事故対応、捜索救助活動など各種警察任務で活躍しています。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、以下のように述べました。
「シリーズ最新型のAS365 N3+の導入により、昨年航空レスキュー隊を発足させ、ヘリコプターによる救助活動を更に強化された広島県警様での運用の幅が更に広がり、今後の任務において更なる活躍が期待されます。お客様が多様な任務でより安全に運航できるよう、引き続き努力して参ります」

AS365 N3+は、ドーファンファミリーの4.5 トンクラスのヘリコプターです。警察、消防・防災、報道等の幅広い分野において、日本のみならず世界中で高い支持を得ています。国内では50 機以上のドーファンファミリーが活躍しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社  広報担当  平野
電話:03-5414-3340/FAX:03-5414-3328