ニュース


海上保安庁、捜索救難救助・治安維持用にEC225 LP 1機を受領

2015/03/02


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンはこのほど、海上保安庁へEC225 LP 1機を納入しました。この機体は、2011年7月に海上保安庁が発注した3機のEC225 LPのうち、東北地方太平洋沖地震で被災したAS332 L1 1機の代替機です。契約した1機目、2機目の機体は昨年納入し、このたびの機体は3機目にあたります。

これら3機の追加を含み、海上保安庁では現在、5機のEC225 と3機のAS332L1 を運用しています。
新しいEC225は、最新鋭の捜索救難救助用特殊装備を搭載しており、治安維持、領海警備、海難救助、災害対応等の多様な任務で運用されます。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、以下のように述べました。
「世界有数の海上保安組織である海上保安庁様にEC225 を運用頂き、我々のヘリコプターが日々治安維持や人命救助に貢献していることを大変誇りに思います。また、このたびの納入により1971年の小型機整備事業開始より累計整備機数が3,000機に達し、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンの歴史に新たなマイルストーンを刻む特別な納入となりました」

EC225はエアバス・ヘリコプターズ・スーパーピューマファミリーの11 トンクラスの双発ヘリコプターで、最新の電子機器と最高峰の自動操縦装置を備えています。特に高速性能、航続性能に優れており、用途に応じた多様な装備品を搭載可能です。

国内では合計23機のスーパーピューマファミリーが防衛省や官公庁、民間において、捜索救難救助、洋上運用、人員輸送等で活躍しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社  広報担当  平野
電話:03-5414-3340/FAX:03-5414-3328