ニュース


エアバス・ヘリコプターズ、海上自衛隊へTH-135を3機納入

2014/12/05


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社はこのほど、エアバス・ヘリコプターズ製TH-135 3機を海上自衛隊へ納入しました。10月から12月にかけて納入した3機は、TH-135の11、12、13号機目です。

TH-135 はエアバス・ヘリコプターズの小型双発ヘリコプターEC135T2+を海上自衛隊仕様にした機体です。海上自衛隊で練習機として使用されている単発ヘリコプターの後継機として2009 年に初号機を納入し、2011 年より回転翼操縦士の養成に運用されています。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、以下のように述べました。
「このたび、13 号機目まで予定通り納入できたことを大変喜ばしく感じております。迅速な部品供給と技術サポート、整備、運航支援を含むトータルサポートの提供により、海上自衛隊の操縦士訓練の安全性と効率性をより確実なものとするために、引き続き最大限尽力いたします」

EC135は、新世代の多機能ヘリコプターおよび戦闘ヘリコプターの操縦を行う自衛隊の操縦士教育訓練に適しています。日本はEC135 の訓練機としての利点を認識し、アジア地域で初期導入した顧客の一つとなりました。EC135は世界各国で訓練機として採用され、直近ではオーストラリアが訓練向けに導入しました。

EC135は世界中で約1,200 機納入され、操縦訓練をはじめ、警察活動、救急医療輸送、救難救助、報道などの様々な用途で世界中で使用されています。ライフサイクルコストの低減に寄与する高い稼働率と整備性の良さから国内でもご好評を頂いており、現在80機のEC135が活躍しています。

本件に関する問合せ先
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社  広報担当  平野
電話:03-5414-3340/FAX:03-5414-3328