ニュース


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン、警視庁へEC155B1を納入

2014/08/18


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社はこのほど、エアバス・ヘリコプターズ製EC155B1を1機、警視庁へ納入しました。この機体は、現在運用されている機体の後継機として配備される予定です。

警視庁では現在、エアバス・ヘリコプターズ製ヘリコプターとしてEC155を1機、EC135を1機運用中。このたびの納入によりEC155は合計2機となります。これらの機体は救命救助、人員輸送、防犯・捜査・警備等の警察活動等、幅広い任務で活躍しています。

警視庁は1959年に全国の警察で初めてヘリコプターを配備し、現在、全国の警察の中で最も多くのヘリコプターを運用しています。超高層ビルが並ぶ都心と、東京郊外の山岳部及び伊豆諸島を含む東京全域を活動範囲としているだけでなく、広域災害時には日本全国に応援出動するなどその任務は多様かつ広範囲にわたります。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、以下のように述べました。
「汎用性の高いEC155の導入により、警視庁様でのヘリコプターの運用の幅が更に広がり、今後の任務において更なる活躍が期待されます。より幅広い運用条件下で任務を遂行されるお客様を支えるため、引き続き最大限の努力をして参ります」

EC155B1は、エアバス・ヘリコプターズ・ドーファンファミリーの中型双発ヘリコプターです。最新技術の粋を集めた多用途機で、エアバス・ヘリコプターズのフェネストロンをテールローターに採用し、低振動で静粛性に優れています。警察、消防・防災、報道分野でご好評を頂いており、国内においては50機以上のドーファンファミリーが活躍しています。エアバス・ヘリコプターズ製ヘリコプターは全国の警察で、川崎重工業との共同開発であるBK117(EC145)を含め、現在30機以上運用されています。



<本件に関するお問い合わせ先>
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 平野 電話:03-5414-3340 FAX:03-5414-3328