ニュース


エアバス・ヘリコプターズ、日本初のヘリコプター フル・フライト・シミュレーターの運用開始

2014/04/14


エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長ステファン・ジヌー)は14 日、日本初となるヘリコプターフル・フライト・シミュレーター(以下 FFS)の運用を神戸空港事業所で開始しました。

この FFS は、エアバス・ヘリコプターズ製小型双発ヘリコプターEC135P2+を再現しており、航空局による模擬飛行装置レベルC の認定検査に合格しました。この認定により、FFS での模擬飛行時間が航空法で定める飛行経歴として認められます。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンのステファン・ジヌー代表取締役社長は、以下のように述べました。「お客様の安全運航は当社の最優先事項です。日本初となるヘリコプターフル・フライト・シミュレーターを導入することによって、メーカー認定の世界水準の訓練が国内で提供可能となります。ヘリコプターの安全運航を通して、日本の空の安全に貢献できるよう、引き続き尽力して参ります」

この FFS では、ヘリコプターのコックピット、計器類やシステムが正確に再現されるため、実機では実施不可能な緊急操作訓練、悪天候等の厳しい状況での操縦訓練を含むあらゆる訓練を、安全に実施することが可能です。様々な環境と状況を設定することができ、操縦士と整備士は短期間で効果的に技能を向上させ、経験を積み判断力を磨く訓練を実機より効率的に低コストで訓練することが可能です。

この FFS は、エアバス・ヘリコプターズが開発した標準的なEC135 のフライトデータパッケージを組み入れています。実際のソフトウェアやパーツを使用することにより、エンジン、自動操縦装置その他あらゆるシステムを含むヘリコプターの機能の完全な再現が可能です。また、195 種類の故障模擬または非常操作訓練が可能です。

双発ヘリコプターEC135 は、救難救助、救急医療輸送、消防、沿岸警備、警察活動、報道などを含む様々な用途で世界的に使用されています。国内でもご好評を頂いており、現在77 機のEC135 が活躍しています。

エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン・トレーニングセンターは、2012 年、エアバス・ヘリコプターズの認定を取得した日本初のトレーニングセンターとして神戸空港事業所に設立されました。エアバス・ヘリコプターズの認定を受けた日本人教官が様々な訓練機材を用いて、緊急操作訓練、リカレント訓練、型式限定変更訓練、ミッション訓練等を提供しています。2013 年には操縦士30 名、整備士185 名の訓練を実施しました。

世界各地 25 カ所に広がるエアバス・ヘリコプターズのトレーニングセンターは民間・軍の操縦士、整備士、および航空専門家のために、あらゆる領域のサービスを提供しています。飛行の安全性向上のため、FFS を世界各国のお客様の近隣に設置し、訓練の質、量、経済性を強化しています。現在、世界中で21 基のFFS が稼働しています。

<本件に関するお問い合わせ先>
エアバス・ヘリコプターズ・ジャパン株式会社 広報担当 平野 電話:03-5414-3340 FAX:03-5414-3328