ニュース


ユーロコプター、ヒラタ学園へAS350B3eを納入 国内で初めて運用

2012/12/04


ユーロコプタージャパン株式会社は4日、ユーロコプター製ヘリコプターAS350B3eを1機、学校法人ヒラタ学園へ納入しました。このAS350B3eは国内で初めて導入される機体で、パイロット養成訓練を始め多目的ヘリコプターとして運航される予定です。

学校法人ヒラタ学園は、現在11機のユーロコプター社製ヘリコプターを保有されており、現在運航している1機のAS350Bの更新として、この度新たに最新型のAS350B3eを1機受領されました。また、ドクターヘリ、緊急医療サービス用にEC135を10機運航され、これらの機体はドクターヘリを始め患者搬送、医師派遣、医療用資機材搬送など航空医療搬送分野で幅広く活躍しています。

ユーロコプタージャパンのステファン ジヌー代表取締役社長は、「ヒラタ学園様に、ユーロコプターのベストセラーであるエキュレイユファミリーの最新型機AS350B3eを国内で初めて納入させて頂き、大変光栄に思っています。AS350B3eは、最新の技術を搭載しており、弊社としては、整備、訓練などのアフターサポートにより、お客様のご要望にお応えし続け、今後もお客様の運航を支援するため、最大限の努力をして参ります。」と述べました。

AS350B3eは、ユーロコプターの製品ラインナップの性能強化された機体の一種で、ターボメカ社の新型Arriel 2Dターボシャフトエンジン、新世代FADEC(Full Aurhority Digital Engine Control)、エンジンデータレコーダを採用しており、直接整備費の低減や、整備間隔の延長、就航率が向上しています。また、新しい内装のデザインにより新型内装パネル、高品質で快適なシートに改良が施されております。



<本件に関するお問い合わせ先>
ユーロコプタージャパン株式会社 広報担当 平野 電話:03-5414-3340 FAX:03-5414-3328