ニュース


ユーロコプター、エアバスと共同で「2012年国際航空宇宙展」に出展

2012/09/26


欧州の航空機メーカー、エアバス(本社:仏トゥールーズ、社長兼CEO:ファブリス・ブレジエ)とユーロコプター(本社:仏マルセイユ、社長兼CEO:ルッツ・ベルトリング)は、10月9日(火)から14日(日)まで、「ポートメッセなごや」および「中部国際空港 セントレア」で開催される「2012年国際航空宇宙展」に出展します。共同の展示ブースは、EADSの名で、ポートメッセなごやの「第3展示館3H-01」に設置されます。ショーの期間中、エアバスは総2階建て最新大型機A380を始め、エアバス最新機種の模型展示を行います。ユーロコプターは最新ヘリの模型展示の他、EC135による展示飛行を行う予定です。

エアバスとユーロコプターの共同展示ブース(3H-01)で展示されるのは、エアバス大型機A380の機内が覗けるカットアウェイ模型とエアバス次世代中型機A350 XWBの模型。さらに、エアバスが描く未来の航空輸送の姿を描いた映像も上映される予定です。また、ユーロコプターの高速ハイブリッドヘリコプターX3、新機種のEC 175の模型が展示されます。さらに、東京‐パリ間をわずか2時間半で結び排気ガスゼロのEADSの超音速旅客機、ZEHST(ゼスト)の模型展示および映像紹介も行われる予定です。

ユーロコプターは10月13日(土)と14日(日)に小型双発ヘリEC135の展示飛行を行います。また、12日(金)から14日(日)の間にEC135の地上展示も実施する予定です。

<本件に関するお問い合わせ先>
ユーロコプタージャパン株式会社 広報担当 平野  電話:03-5414-3340 FAX:03-5414-3328