ニュース


オールニッポンヘリコプター、ユーロコプター製AS365N3+ 2機をNHK報道取材用に発注

2012/03/20


ユーロコプタージャパンは、オールニッポンヘリコプター株式会社より2機のAS365N3+を受注しました。現在NHKの報道取材用ヘリコプターとして運航しているユーロコプター製ヘリコプター12機のうち2機の更新です。

オールニッポンヘリコプターは、NHKの報道取材用に、今回発注した機種と同系列のAS365N2を6機、EC135T2を6機、計12機のユーロコプター製ヘリコプターを運航しています。2機のAS365N3+の納入はそれぞれ2013年と2014年を予定しており、設計・技術を担うユーロコプタージャパンT&Eが、デジタルハイビジョンカメラの搭載を行います。

国内の報道取材ヘリコプター市場は、ヨーロッパと比較しても10倍以上と大きく、非常に成熟した市場となっています。実際、日本では主要報道機関が独自にヘリコプターを保有しており、その結果、報道取材用機器は常に開発改良され、最先端技術が導入されています。日本においては、2000年より衛星デジタル放送、2003年より地上デジタル放送が導入され、これらデジタル映像に対応した報道映像用のヘリコプター搭載装置も大幅に改良されました。

国内の報道用ヘリコプター96機のうち、ユーロコプター製ヘリコプターは75%を占めています。経済性、性能、稼働率の高さを特長とする機体をベースに、報道取材の技術と機材が加わり、高い需要があり、大変好評をいただいています。

ユーロコプタージャパン株式会社のステファン・ジヌー代表取締役社長は、今回の受注にあたり、「EC135、AS365のような小型・中型双発ヘリコプターは報道取材分野にご好評をいただいています。NHK殿と、オールニッポンヘリコプター殿がこの度当社製品を選定されたのも、製品およびサービスに対する信頼の証であると受け止めております。今後も充実したアフターサポートをご提供し、報道取材のための技術開発に尽力していきたいと思います。」と述べました。

AS365N3+のベースであるAS365N3は、低振動、航続性能、高速性能に優れ、報道取材向けヘリコプターの理想的な性能となっています。バージョンアップしたAS365N3+は、強化されたアビオニクスとデジタル式4軸自動操縦装置を装備し、パイロットの負担を軽減しています。


<本件に関するお問い合わせ先>
ユーロコプタージャパン株式会社 広報担当:小野寺 電話:03-5414-3340 FAX:03-5414-3328