ニュース


ステファン・ジヌーがエアバス・ジャパンの代表取締役社長兼CEOに任命 ユーロコプタージャパン代表取締役社長と兼任

2010/04/13


ユーロコプタージャパン株式会社
エアバス・ジャパン株式会社

エアバス(本社:仏トゥールーズ、社長兼CEO:トム・エンダース)とユーロコプター(本社:仏マルセイユ、社長兼CEO:ルッツ・ベルトリング)は14日、ユーロコプタージャパン(株)代表取締役社長のステファン・ジヌーが、エアバス・ジャパンの次期代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)に任命されたことを発表しました。ジヌーはユーロコプタージャパン社長とエアバス・ジャパン社長を兼務し、両社の日本における活動を指揮します。今夏までに招集される取締役会で就任します。

ステファン・ジヌーは今後、日本におけるエアバス機のマーケティングおよび販売戦略立案を指揮し、日本の航空機メーカーとの産業協力拡大を図るとともに、顧客支援活動を強化します。現在代表取締役社長を務めるグレン・S・フクシマは引き続き日本のビジネス界においてエアバスとの関係強化を主導しジヌーをサポートします。

エアバスのトム・エンダース社長兼最高経営責任者(CEO)は、「日本はエアバスにとって非常に重要な市場です。ステファン・ジヌーの新たな舵取りによって日本においてさらに体制を強化していきます。ジヌーは、日本の航空会社に最新のエアバス機が持つ環境効率性能をはじめとする様々な利点を提案し、エアバスを採用していただけるよう務めて参ります」と語りました。また「ジヌーの手腕によって日本の航空産業界とのつながりもさらに強めることを期待しています」と付け加えています。

ステファン・ジヌー(42歳)は1992年に日本貿易振興機構(JETRO)に派遣。1995年、駐日フランス大使館経済商務部において運輸機械担当商務官を務めました。1996年には駐日ユーロコプター社に入社。ユーロコプターを、官公庁および民間市場におけるリーディングヘリコプターメーカーへと成長させました。2009年に合併統合を経てユーロコプターの直営販売子会社、ユーロコプタージャパン(株)および、整備修理改造を担うユーロコプタージャパンT&E(株)を設立し、外資系航空機製造会社として初めて、販売から整備までのトータルサポートを提供する体制を築きました。

パリ・ドフィ-ヌ大学、INSEAD経営学校、および国立東洋学校(INALCO)を卒業しました。

<本件に関するお問い合わせ先>
・ユーロコプタージャパン株式会社 担当:小野寺
Tel:03-5775-6262 Fax:03-5775-6265

・エアバス・ジャパン株式会社 担当:藤宗 / 野坂
Tel:03-5573-8421/8414 Fax:03-5573-8401