採用情報


Naoya OKUHIGASHI

奥東 尚也
整備部 機体整備課
Naoya OKUHIGASHI
Aircraft Sect.,
MRO & Completion Dept.
■ Mission 所属チームと私の役割

私は整備部機体整備課に所属しております。
機体整備課は、ヘリコプターの定時点検整備や修理・改造作業を主に行っており、私は整備課の担当管理職としてこれらの業務に加え、マネジメント業務を行っております。
当社は年間で約100機、常に20~25機程度、神戸格納庫にてお客様よりヘリコプターをお預かりしております。これらの機体を計画通りに搬出できるように管理することが私の大きな役割の一つです。
具体的には、スケジュール通り作業が進捗しているか、作業者の人数・業務時間は適切か、部品の入手に滞りが無いか等、計画の阻害要因となるものが無いことを確認し、問題が発生した際には課内で対策、他部署との調整を行っております。
他にも営業部門や技術部門などの他部署からの問い合わせに対応、年間100件を超える出張作業の調整、将来の搬入計画の見直しを行っております。
機体整備課には70名以上が在籍しており、課員の勤務を管理し、また皆が同じ目標を持って業務を遂行できるようサポートしております。


■ Background エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンへの入社動機

小さい頃から乗り物や機械に興味を持っていましたが、学生の時にテレビドラマを観て航空整備士という仕事を知り、目指すようになりました。
当初は旅客機の整備士に憧れておりましたが、ヘリコプター整備士の道もあることを知り、興味を持ちました。民間・官公庁市場においてシェアNo.1であり、工場整備で更に技術や知識を身に付けたいという気持ちで、当社の前身であるユーロコプタージャパンT&Eへの入社を希望しました。
当時は現在のようにAIRBUSという大きな組織で働くということは想像しておりませんでしたが、今では組織の一員としてやりがいをもって働くことができております。


■ Mindset 仕事への思い、こだわり

私は入社後、メカニックとして機体作業を経験し、AS365のライセンスを取得した後、電気装備品SHOPに配置となり、機種を問わず電気作業を行ってきました。特にH225に関しては、ほとんどの新規組立及び改造作業に携わってまいりました。
これらの経験を経て、現場で整備士として、また整備課の担当管理職として、安全を最優先に考え、高品質なヘリコプターやサービスをお客様に提供できるように努めることがこだわりです。また機体整備課は組織が大きく、課員一人ひとりの行動が大きな影響をもたらす為、課員との対話を通じて、整備課全体のパフォーマンス向上に導くことも大きな役割です。世界中で働くエアバスグループの社員が大切にしているOur Valuesの中には"We are one"という考えがありますが、チームで働く私たちにとって重要な言葉で、日々協力しながら業務にあたっております。
今後は新型式であるH160や無人機・ドローン等、新しい空の活用の可能性が拡大していく中で、私たち整備士も新たな世界が広がっています。その時の為に、機体整備課の基盤をしっかりと保ち新たな未来へ対応できるよう強い組織を築いていきたいと思います。


■ Challenge 所属チーム、エアバス・ヘリコプターズ・ジャパンで働くやりがい

入社以来、現場の整備士として働いて参りました。
出張先や報道番組、時には映画やドラマで、自分が携わった機体の活躍を観た時や、整備部で協力して、お客様に喜んで頂ける機体を提供できた時には、大変うれしく思います。
また当社はフランスやドイツに拠点を構えており、本社のトレーニング施設にて、充実した訓練を受けることが可能です。私自身、日本でAS365・H135やエンジン講習、フランスにてH225、ドイツでH145のトレーニングを受け、業務に活かしてきました。
エアバスの機体は世界中で運航されている為、海外での仕事も増加しております。
当社はアジアを中心にサポートしており、自身の身に付けた技術や知識を国内外で発揮することができます。
また当社には海外出身の方も多く在籍しており、繁忙期にあっては、エアバスのグループ企業から応援者を要請することもあります。そのため他国の人と働く機会が多く多種多様な意見や考え方を学ぶことができます。


■ 私たちが担う社会的責任

当社の扱っている機体は、警察、消防、防災、自衛隊、海上保安庁、報道、医療、公共事業、観光、プライベートなど、用途は多岐にわたります。お客様の期待に応えるべく、安全かつ高品質で、機能的なヘリコプターを提供できるように関係各所と協力しながら、日々の業務にあたっております。また有事の際にヘリコプターが活躍できるよう、工期通りの機体引渡しや出張対応、顧客サポートを全うし、お客様のご要望にしっかりとお応えしていく意識を持っております。
近年、航空業界においても環境に配慮した取り組みが世界中で実施されておりますが、当社でも、燃料や紙の使用量の削減などに力を入れております。その他にも地域社会に貢献できるように神戸空港で開催される「空の日」というイベントにも積極的に参加しており、そのような活動を通じてヘリコプターを身近に感じて頂きエアバス・ヘリコプターズ・ジャパンという会社に興味を持って頂けたらと考えております。